Tシャツなんでもかんでも

Tシャツなんでもかんでも

値段の高いTシャツと安いTシャツの違い

Tシャツと聞くと、そのシンプルなつくりから、値段の高いTシャツでも値段の安いTシャツでも、デザインがちょっと違うだけで、同じようなものではないか?と思う人が多いと思います。私も、つい最近までそういう認識でいました。

 

 

 

しかし、実際にいろいろとTシャツを買ってみればわかることなのですが、やはり値段の高いTシャツと安いTシャツでは、そのクオリティーに大きな差があります。それは、もちろんデザインということでもそうですが、やはり生地の肌触りだったり、強度だったりがまったく違うのです。

 

 

 

私は、この間外出先で汗を大量にかいてしまったのですが、着替えのデザインTシャツを持っていなかったので、Tシャツを100円ショップで急遽購入しました。

 

 

 

100円のTシャツなのですから多くを望んではいけないことはわかっていたのですが、そのTシャツを着たときにチクチクするような肌触りがあり、ちょっと着慣れるのに大変な思いをしました。

 

 

 

そして、それからしばらくの間はそのTシャツを着ていたのですが、数ヶ月の後、あっさり破れて着られなくなってしまったのです。

 

 

 

ですので、たとえTシャツであっても、なるべく値段の高いTシャツを着たほうが良いということを、私はそのとき学んだのです。

簡単に作れるオリジナルTシャツ

グラフィックデザインなどをしている友達が、すごくかっこいいTシャツを来ていたので、聞いたら自分のデザインでオリジナルTシャツを作っているということでした。

 

プリントTシャツを作るというと、イベント用とかユニフォーム的なものとか、そういうイメージだったので、個人で作るってあんまり考えたことがありませんでしたが、そんなことができるんですね!

 

ちょっと調べると、小ロットで、1枚からでもプリントしてもらえるサービスがたくさんあるのがわかりました。

 

友達の来ているデザインが気に入ったので、お願いして色違いで作ってもらっちゃいました。

 

個人でTシャツを作る方法として、もう一つがアイロンプリントです。

 

これは前に一度やったことがあります。自宅のプリンターで印刷して、アイロンシートになっているのを無地のTシャツに張り付ける感じなので、ちょっと手作り感はあるけどよりオリジナルで手軽です。

 

ただ、これは張り付けた質感がちょっといまいちで、数回洗濯すると、プリント部分が剥げてきてしまいました。

 

Tシャツって、意外とコレっていうデザインが見つからないので、またオリジナルTシャツにチャレンジしようかなと思います。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ